米肌 肌潤

米肌の化粧水|肌潤化粧水の口コミや特徴、成分は?

更新日:


米肌のスキンケアシリーズの一番人気は化粧水です。

成分や、効果、口コミから人気の秘密を探っていきたいと思います!

米肌(MAIHADA)肌潤化粧水の商品情報

価格 5000円
詰替:4500円
内容量 120ml(約1~1.5ヶ月分)
全成分 水・BG・エタノール・グリセリン・ジグリセリン・グリコシルトレハロース・コメエキス・ダイズ発酵エキス・ビフィズス菌発酵エキス・EDTA-2Na・イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油・オクチルドデカノール・キサンタンガム・クエン酸・チオ硫酸Na・リン酸2Na・加水分解水添デンプン・乳酸Na・メチルパラベン

肌潤化粧水の値段は?ドラッグストアで買える?

米肌は通販専用のコスメなので、店舗では購入できず、購入できるのはネットか電話のみです。
ネットで販売しているところの価格を比較してみると・・・

楽天 5400円+送料540円
アマゾン 5000円+送料無料
公式サイト 5400円+送料無料

肌潤化粧水を単品で購入する場合はアマゾンで購入するのが最安値でした。

続けて使う場合は、1本購入で1本おまけでもらえる公式サイトの定期購入がおトクみたいです。

ただ、いきなり現品購入するよりかは、1500円でフルラインで使えるお試しセットで使用感を試してみるのがオススメですよ(^^)

普段、薬局で売っている市販のプチプラの化粧水を使っていたので、わたしも少し値段が高く感じてしまいましたが・・・

もう30代。プチプラスキンケアでは補えない部分もあります(^^;

ほかのライスパワー配合の化粧水に比べると、続けやすい値段だと思ったので、米肌を選ぶことにしました。

肌潤化粧水は定期便でお得に使える!


米肌の化粧水は、一度本体を購入すれば、500円安い詰め替え用があるので続けて使うには嬉しいですね(^^)

また、詰め替え用も定期便があるので、定期便を利用すると、初回と、それ以降3回のお届けごとに現品サイズ(容器)を1本おまけでもらえるサービスがあります。

詰め替え1つ分の値段で、現品サイズ+詰め替えが買えるということで、かなりお得になっているので、継続して使う方はチェックしてみるといいかもしれません。

⇒【米肌の定期便】値段やお得なサービス、解約方法まで解説

肌潤化粧水の口コミ

アットコスメで肌潤化粧水の良い口コミ、悪い口コミをチェックしました。

発売当初から何度もリピートしています。テクスチャーは適度にとろみがあり、すっきり感もあり、肌をやさしく潤してくれて内側からふっくらとした肌になります。
安心感のある化粧水。ほかの化粧水つかってもこちらに戻ってきたくなるアイテムです。
ほっとします。花粉症の時期は調子に乗って高機能アイテムを使っていると一時的に肌が敏感に傾くため合わなくなることもありますが、この化粧水をつかっていると未然にトラブルを防げているように思います。
使い続けたいです。

36歳 混合肌 評価:

私には1番合っている化粧水。
もう1年以上、米肌を愛用しています。
さっぱりした使い心地なので、メイク前も使いやすく、ベタつかないので年中通して気に入ってます!
しっかり保湿してくれ、毛穴の開きの改善も実感できています。
毛穴の悩みがある方には継続して使うことをオススメします◎
キャップが深くなっているので圧縮マスクをキャップに入れて浸すことも出来るのが便利です。

28歳 乾燥肌 評価:

体験セット使用してみて、乾燥ニキビでひどかった肌がツヤツヤのしっとり肌に生まれ変わり感動して本品購入し始めました。
お値段が少し張りますが、、。
ニキビも劇的に減って、保湿効果も十分に感じますし、毛穴が目立たなくなりました。
家族にも、肌きれいと驚かれるほど。とってもおすすめです。

29歳 混合肌 評価:

エタノールが入ってるんですね。塗った瞬間にぷーんとアルコール臭がします。使って2週間目ですが、まぁ少し毛穴が小さくなったかなぁー、って感じがするくらいで、相変わらずニキビなどができてしまいます。試供品サイズの購入だったので、現品購入はナシで。
あー、そろそろ基礎コスメジプシーから脱却したいよーん(涙)。

37歳 普通肌 評価:

つけた瞬間、エタノールって感じがすごくしました
私の肌には合わなかったのが残念でした

23歳 敏感肌 評価:

思ったよりトロみのあるタイプだった。
もっとさっぱり系だと思ってたので、私は好きじゃなかった。
浸透は悪くはないけど。肌の上でしばらくぬるぬるしてる感じ。
ちなみに、全部シリーズで使ったからどれが問題なのかはわからないけどニキビができた。
私の使用した感覚だと、化粧水かエッセンスでできたっぽい。
長年ニキビに悩まされると、なんとなくこれってのがわかるようになるのがすごい気がする。。

32歳 脂性肌 評価:

口コミをみると、乾燥肌の人からは「ベタつかずにしっとり保湿ができる」との意見が多かったですが、脂性肌やニキビ肌の方では「べたつきやぬるつき」を感じている人もいることが見受けられました。

わたしは乾燥肌よりなので、「ベタつかずにしっとり保湿ができる」に1票です^^

ちなみに、敏感肌よりの乾燥肌ですが、使用感はさっぱりめが好み。
なので、保湿系の化粧品はベタつきが嫌で合わないことが多かったですが、米肌はさらっと潤うので使いやすいと感じています。

肌潤化粧水の成分は?

ライスパワーNo.11


セラミドを産み出す肌を作る成分、ライスパワーNO.11は、成分表では「コメエキス」と表記されています。

セラミドが配合されている化粧水はたくさんありますが、それらと米肌が違うのは肌がセラミドを作れるようになるということ。

補うだけでのその場限りの保湿ではなく、お肌の内側から保湿できるようになるということですね。

お肌を中から変えていく分、変化を感じるまでには個人差があり時間のかかる人もいますが、続けていくことで潤ったハリ肌をゲットできます♪

エタノール配合なので、アルコール苦手な人は注意


デメリット、、、ということでもないですが、米肌の化粧水は防腐剤として少量のエタノールを配合しています。

化粧水というのはどれもそうですが、成分のほとんどが水です。

水は当然ですがそのままでは腐ってしまうので、それを防ぐためにエタノールなどを防腐剤として使用しているものが多いんです。

エタノールはアルコールの一種なので、お酒でアレルギー反応が出てしまうかたやアルコールが肌に合わない人にはオススメできません。

エタノール配合はお肌に悪い?


「アルコールを使っている化粧水は肌によくない」という意見もあり、アルコールフリーを売りにしている化粧水も多くありますね。

ただ、一概にアルコールを使っているものが悪くて、使っていないものがお肌に良いとはいえません。

先ほども書いたように、化粧水は水なので使用期限を短く決めているようなもの以外は基本的には防腐剤が必要です。

アルコールフリーのものでも、防腐剤としてエタノールよりも肌に負担がかかるものを使っている場合もあります。

たとえば、「パラベン」というものも防腐剤もよく使われていますが、それが肌に合わない人ももちろんいます。

「エタノールが使われているから肌によくない」とは一概にいえません。

米肌の化粧水には少量のエタノールが使用されていますが、口コミをみるとそのアルコールのにおいを感じてしまう人もいるようです。

ちなみに、わたしも顔に塗る直前はすこしアルコールのにおいを感じますが、塗っている途中はほとんど感じることはありません。

感じ方や好みによって個人差があると思うので、気になる方は現品を購入する前に2週間のトライアルセットで試してみるのがオススメです。

化粧水だけでも効果はある?


スキンケアをライン使いするのって、結構コストがかかるんですよね^^;

なので、ラインの中でも使用感が気に入って効果のあるものだけを使うという選択をするかたも多いようです。

米肌も、口コミをみると化粧水だけを使っている人は多いように見受けられます。

わたしも最初はトライアルセットで化粧水を試しましたが、気持ちいい使用感やお肌の馴染み、さっぱり感がすごく気に入りました。

化粧水だけの使用でも意味があるのか気になったので調べてみました。

化粧水+美容液+クリームの3点使いがオススメ


化粧水だけでは意味がないわけではありませんが、やっぱりライン使いが望ましいようですね^^;

たとえば、米肌の石鹸は汚れを落とす役割だけでなくブースター効果があり、そのあとのスキンケア成分を肌に浸透しやすくする効果もあります。

そして、化粧水も角層柔軟オイルが配合されていて、乾燥で硬くなった肌をやわらかくし美容成分やクリームの美容成分の浸透力をアップする役割もあります。

肌に美容成分が浸透しやすくなった状態で、美容液でケアをしてクリームで蓋をする。

これの流れを考えてのスキンケアなので、やっぱりライン使いが一番ベストのようです。

ですが、わたしもそうですが「正直スキンケアにそこまでお金をかけるのはちょっと・・・(^^;」という方も多いと思います。

そこでオススメなのが「化粧水+美容液+クリーム」の3点使い、もしくは「化粧水+美容液」の2点使いです。

化粧水を使うなら美容液も使わないともったいない!


米肌の1番の特徴のライスパワーは、実は美容液にいちばん配合されています。

化粧水やクリーム、洗顔にも配合されていますが、美容液以外ではライスパワーNo.11は保湿成分としての位置付けになっており、美容液だけが「水分保持能の改善」できる有効成分としての位置付けでライスパワーNo.11が配合されているんです。

なので、米肌の効果をしっかり得るには、化粧水で肌に成分が浸透しやすくなった状態に、ライスパワーが高配合の美容液を使うのが一番効果的なんですね。

せっかくライスパワーNo.11の肌の保水力をアップする効果に期待して米肌を使うならば、美容液を外して使うのはもったいないことになってしまいます。

そのあとに、美容成分と肌の水分を逃さないようにクリームする必要がありますが、「蓋」という役割だけで考えると、別のクリームでも良いと個人的には思います。

化粧水だけ購入しようと考えていた方は、ぜひ美容液もチェックして検討してみてください。

反対に、化粧水は使用感や香りが苦手で嫌だという人も、「美容液だけ使ってみる」という選択肢もいいかもしれません。

米肌の化粧水は3種類

今回紹介した「肌潤化粧水」は、乾燥肌向けの保湿化粧水です。

米肌の化粧水には、ほかにも種類があり「美白ケア」「エイジングケア」など、なりたい肌に合わせたケアで選ぶことができます。

【美白・透明感アップ】澄肌美白化粧水

商品名 澄肌美白化粧水
価格 5500円(税抜)
内容量 120ml(約1〜1.5ヶ月分)
全成分 L-アスコルビン酸2-グルコシド、 精製水、ジプロピレングリコール、エタノール、1,3-ブチレングリコール、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、コメ発酵液、ハトムギ発酵液、加水分解コメヌカエキス、天然ビタミンE、エデト酸二ナトリウム、セトステアリルアルコール、トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、ポリオキシエチレンアルキル(12~15)エーテルリン酸(8E.O.)、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、リン酸一水素ナトリウム、リン酸二水素ナトリウム、親油型モノステアリン酸グリセリル、水酸化ナトリウム、乳酸ナトリウム液、濃グリセリン、エチルパラベン、メチルパラベン

美白有効成分のビタミンC誘導体が配合された医薬部外品の化粧水です。

シミやソバカスが気になる方、肌のくすみが気になる方、透明感をアップしたい方にオススメの化粧水です。

【ハリ・うるおいアップ】活潤リフト化粧水

商品名 活潤リフト化粧水
価格 7000円(税抜)
内容量 120ml(約1〜1.5ヶ月分)
全成分 水・DPG・BG・エタノール・グリセリン・アルカリゲネス産生多糖体・グリコシルトレハロース・コメエキス・ショウブ根エキス・シロキクラゲエキス・トコフェロール・バチルス/(コメヌカエキス/ダイズエキス)発酵液・ヒアルロン酸Na・ポリグルタミン酸・加水分解コラーゲン・水溶性コラーゲン・EDTA-2Na・PEG-10メチルエーテルジメチコン・イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油・キサンタンガム・クエン酸・クエン酸Na・チオ硫酸Na・ヒドロキシエチルセルロース・ポリソルベート80・加水分解水添デンプン・乳酸Na・フェノキシエタノール・メチルパラベン

ライスパワーなどの保湿成分だけでなく、米ぬか・大豆発酵液、発酵ヒアルロン酸など、肌のうるおいやハリ弾力をアップさせる成分を配合。

乾燥だけでなく、頰のたるみやはり不足、目元や口元のたるみやシワが気になっている方にオススメの化粧水です。

まずはトライアルで化粧水もお試し


米肌の3種類の美容液は、それぞれのシリーズのトライアルセットでお試しすることができます。

  • 肌潤改善エッセンス・・・潤い体感セット
  • 澄肌美白エッセンス・・・澄肌美白お試しセット
  • 活潤リフトエッセンス・・・集中ハリ体感プレミアムセット

3種類ともたっぷり14日間分のトライアルで、1500円(集中ハリ体感プレミアムセットのみ1800円)と手頃な価格で体験することができます。

たっぷり2週間分なので、ライン使いだけでなく「化粧水+美容液のみ」の組み合わせや「化粧水+美容液+クリーム」の組み合わせなどを試してみて、自分の予算と肌にあったスキンケアを見つけるのもいいと思います(^^)

⇒米肌の効果は? (ビフォーアフター写真あり)

-米肌 肌潤

Copyright© 米肌 効果 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.