基礎化粧品と、ベースメイクは種類を揃えているという女性も少なくはないと思います。

ベースメイクといえば、BBクリームやCCクリームを使っているという人は多いのではないでしょうか。

BBクリームもCCクリームも1本で何役もしてくれるので、さっと済ませたい朝のメイクにはかかせない存在ですよね。

米肌にも、ベースメイクのメインとして使えるBBクリームとCCクリームがあります。

それぞれの特徴や違いについて調べてみました。

BBクリームとCCクリームの違いは?

まずは、BBクリームとCCクリームの違いをチェックしておきましょう。

それぞれの用途や特徴を知ることで、今の自分のベースメイクにあっているのはどちらかを選ぶことができるようになります。

BBクリームは補修やカバーをする役割


BBクリームのほうが、先にブームになっていたので知っている人も多いのではないかと思います。

BBは、「Blemish Balm(ブレミッシュ バルム)」の略で、「傷を修復する軟膏」という意味なんだそうです。

もともとはドイツの医療現場で、ピーリングやレーザー治療を受けた後の弱くなっている肌を守るために使われていたそうです。
それを、韓国の化粧品メーカーが一般向けにアレンジして販売したことで人気に火がつきました。

カバー力が高く、トラブルで弱くなっている肌を紫外線から守りながら、赤みなどを隠すことができます。

肌を守れるように、美容液、日焼け止めの役割を持ち、傷や赤みを隠せるように、化粧下地、ファンデーションの役割を持つベースメイクのオールインワン的存在ともいえますね。

また、種類によって、保湿成分の多いもの、カバー力の高いものに分かれます。

カバー力が高めのものはのびが悪いものが多く、隠そうと塗りすぎてしまうと厚塗り感やムラがでてしまい、慣れるまで使いにくさを感じる人もいると思います。

ニキビやニキビ跡、シミなど気になる肌の悩みを隠せるのは嬉しいですが、うまく使わないと肌の色味が感じられない、のっぺりとした厚塗り感のある印象になってしまいがちです。

CCクリームはカラーコントロールで肌をキレイに見せる


CCクリームは、BBクリームの人気を受けて、コスメメーカーが独自に開発したものだそうです。

CCは「Color Control(カラーコントロール)」「Color Correcting(カラーコレクティング)」などの「色を補正、修正する」という意味合いがありますが、これもメーカーによって異なるそうです。

BBクリームと比べると隠すようなカバー力はありませんが、素肌に近いようなすっぴん風の仕上がりが特徴です。

米肌 BBクリームの特徴は?


米肌のBBクリームは、1本で5つの働きをしてくれます。

  • 美容液
  • クリーム
  • 日焼け止め
  • 化粧下地
  • ファンデーション

ライスパワーNo.11をはじめとする保湿成分が配合されているため、ベースメイクをしながらお肌を乾燥から守ることができます。

保湿力が高く肌になじみやすいので、ムラなく自然にカバーでき、しっかり密着して長時間でもヨレにくいのが特徴です。

全成分

水・シクロメチコン・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル・エタノール・イソノナン酸イソトリデシル・BG・グリセリン・PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン・エチルヘキサン酸セチル・ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル・グリコシルトレハロース・コメエキス・セラミド2・ダイズ発酵エキス・トコフェロール・ビフィズス菌発酵エキス・BHT・(パルミチン酸/オクタン酸)デキストリン・オレイン酸フィトステリル・シリカ・ジステアルジモニウムヘクトライト・ジメチコン・ステアラルコニウムヘクトライト・ステアリン酸イヌリン・ステアロイルグルタミン酸2Na・タルク・トリエトキシカプリリルシラン・パルミチン酸デキストリン・フェニルトリメチコン・ポリイソプレン・メタクリル酸メチルクロスポリマー・メチコン・塩化Na・加水分解水添デンプン・含水シリカ・乳酸・乳酸Na・フェノキシエタノール・メチルパラベン・安息香酸Na・(+/-)・酸化チタン・酸化鉄・水酸化Al

米肌 CCクリームの特徴は?


CCクリームも、1本で5つの働きをしてくれますが、 BBクリームとは違った役割をします。

  • クリーム
  • 日焼け止め
  • 化粧下地
  • ファンデーション
  • フェイスパウダー

フェイスパウダー効果のある「さらさらエアインパウダー」が配合されているため、ふわっと軽いナチュラルな仕上がり。

上からパウダーを塗る必要がないので、まさに「これ1本」でベースメイクを完成させることができます。

また、BBクリームよりも紫外線防止効果の高いSPF50+と皮脂吸着パウダーも配合。
屋外で過ごしたり汗をかきやすい日のベースメイクにはぴったりですね。

全成分

水・シクロメチコン・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル・エタノール・ジメチコン・パルミチン酸オクチル・メチルトリメチコン・BG・ジカプリン酸ネオペンチルグリコール・ポリメチルシルセスキオキサン・ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン・PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン・(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー・オレンジ油・グリコシルトレハロース・コメ胚芽油・ダイズ種子エキス・トコフェロール・ノイバラ果実エキス・ビフィズス菌培養溶解質・BHT・(アクリレーツ/ジメチコン)コポリマー・(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー・(メタクリル酸メチル/アクリロニトリル)コポリマー・シリカ・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル・ジステアルジモニウムヘクトライト・スクワラン・ステアラルコニウムヘクトライト・セスキオレイン酸ソルビタン・タルク・トリエトキシカプリリルシラン・ハイドロゲンジメチコン・ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン・メチレンビスベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール・ラウリン酸ポリグリセリル-10・塩化Na・加水分解水添デンプン・合成金雲母鉄・乳酸・乳酸Na・フェノキシエタノール・安息香酸Na・マイカ・酸化チタン・酸化亜鉛・酸化鉄

米肌BBクリームがオススメの人

  • メイク中の乾燥が気になる
  • ツヤ感のある仕上がりが好き
  • ニキビ跡やシミなどを隠したい
米肌CCクリームがオススメの人

  • 屋外で過ごす時間が長い
  • さらっと軽い素肌感のある仕上がりが好き
  • 化粧崩れが気になる

色味は2種類

BBクリームもCCクリームもカラー展開は、

  • やや明るい自然な肌色
  • 普通の明るさの自然な肌色

この2色になります。

米肌のデメリットとして、ドラッグストアなどで販売されていないため試供品をすぐに手に入れることができません。

ですが、色味を試したい場合は1人につき1回、公式サイトで申し込みをするとサンプルを取り寄せることできるようになってます。

⇒米肌BBクリームサンプルはコチラ
⇒米肌CCクリームのサンプルはコチラ

色味だけでなく、サンプルで使用感もチェックできるのは嬉しいですね♪